大林歯科矯正歯科のブログ

2015年9月28日 月曜日

口元がコンプレックスで手がついつい・・

口元に自身がなくて人と話していると手がつい口元にいってしまう。

人に声が聞き取りにくいと言われ、話し方や噛み合わせが悪いとは
気づいていたけど、なかなか治す一歩が出ない。

保険外の治療を今まで受けたことがなく、
どういうものがあるのかもわからないし、
治療費が高くなるので不安・・・


歯科=怖い場所
そんな意識を少しでも無くしたい。
歯科=怖くない、痛くない、健康を守るところ

意識を変えていくのは一人一人の力から。

当院では初診の方はカウンセリングのお時間をしっかりとり、
患者様とお話をすることを大切にしています。

ご相談の段階でまずしっかりと患者様が何に対して
不安なお気持ちや、心配を抱えているのかをしっかりとヒアリングし、
現状を知っていただくことがまず大事だと考えています。


一人一人悩みが違って当然です。
だからこそ、たくさんお話しをしてあなたのことを知りたい。
そして遠回りせずに早く解決をしたいと願っています。


はじめてお越しの方へ

投稿者 大林歯科・矯正歯科 | 記事URL

2015年9月 7日 月曜日

昔からの方法、塩で歯茎を引き締めるのは要注意?!

60代や70代の方で、
「歯茎が引き締まるから、たまに塩をちょちょちょっとつけて歯磨きをしています」
という方がいます。

ナメクジにお塩をかけるとどうなりますか?
きゅ〜っと小さくなってしまいますよね。
あれは身体の水分が出てしまうからなんです。

ということは、
歯茎に塩をつけるとどうなるでしょうか??

水分が抜けて引き締まったようにみえるだけであって、
引き締まっているのではありません。

やりすぎると粘膜を傷つけてしまうこともあります。
ジワジワ〜とするのが気持ちい!という方もいますが、
大切なことは、常に歯茎がピンク色で引き締まった状態でいれるように
正しいブラッシングケアとプラークコントロールです。

歯茎は歯を支える大切な土台。
歯茎の引き締めも大切ですが、
適切なブラッシングケアと歯周ポケットに汚れがたまらないように
定期健診やクリーニングを行うことで口内環境を整え
いつまでも健康なお口状態を保つことができますよ。

投稿者 大林歯科・矯正歯科 | 記事URL

2015年9月 5日 土曜日

大人だから大切なブラッシング指導

ゴシゴシ、シャカシャカ・・・

ブラッシング指導は子供の時、経験済みの方は多いですが、
大人になってからきちんと受けたことがなく
間違ったブラッシングをして、歯茎が下がってしまっていたり
プラークが溜まっているという方が実に多くいます。


力を入れてこすり過ぎていたり、
前歯はすごくキレイに磨けているけど奥歯までブラシが届いていなかったり、
歯の表面はできていても歯茎と歯の境目に汚れが溜まっていたり・・


毎日の積み重ねがお口の健康を守るのは周知の事実ですが、
本当の正しいブラッシングを知らないという方は大多数です。

幸福ならぬ口福kissmarkを守るのも日々の積み重ねなんです。


右利き、左利きでブラッシングのし易い方向も違います。
でもどちらかに偏ってしえば歯は正直に虫歯になったり、
口臭の原因をつくっていきます。

ブラッシングだけでは取れない汚れにはフロスの使い方も重要。
間違ったフロスの使い方は歯茎が下がる原因にもなります。

大人になってからでも全然遅くない!
一生自分の歯で美味しくご飯を食べるために、
毎日の正しいブラッシングを歯科で受けてみてはいかがでしょうか?
デンタルフロスの使い方

投稿者 大林歯科・矯正歯科 | 記事URL

お電話でのお問い合わせはこちら Tel 0565-29-5310 Free 0120-2418-47 つよいはよいな 予約優先制 診療時間 平日・祝日 9:00~19:30 土曜日 9:00~17:00 休診日 日曜日・正月・ GW・お盆休み