HOME > 子供の歯の治療

子供の歯の治療

子供の歯の成長は専門家へ相談

当院でご相談の多いお子様に関するお悩み

子供の歯のケア
  • 学校検診で咬み合わせ(不正咬合)等指摘を受けた
  • 子供の歯が抜けたあと歯が生えてこない
  • スポーツや遊んでいて歯が欠けた・抜けた・折れた
  • 歯が痛い、ぐらぐらすると言うけど原因不明
  • 口内炎や親知らず、虫歯の相談
  • 歯医者に行きたがらない、歯医者嫌い

赤ちゃん・子供の歯のケアの悩みは専門家へ

まだ歯が映えたばかりのお子様のケアはお母さんが「歯人生」を左右すると言っても過言ではありません。親の姿を見て子は成長します。親が歯磨きをしない、お口のケアの大切さを伝えないと子供の歯の将来はどうなるのでしょうか?歯が原因でいじめられたり、コンプレックスを持つ子にはなって欲しくないと誰もが願うはずです。

おやつの種類、歯磨きのタイミング、歯並び、歯の成長の相談など不安なことがあればぜひ相談して下さい。

親知らずが生えてきました。痛みは無いようですが抜いた方がよいでしょうか?

必ずしも抜歯する必要があるかというとそうではありません。奥歯のスペースに余裕があり、虫歯のリスクがない場合や歯並びに影響しない場合抜歯をしないままで成人になる子もいます。当院ではお子さんの顎の大きさや歯並び、矯正治療中など状況を判断をし対応します。

子どもがスポーツをしていて歯が折れてしまいました。どうしたらよいでしょうか?

まずは折れた歯を牛乳や保存液に入れた状態でお電話下さい。早い段階であれば再植し、固定することで、歯を元に戻すことできる場合があります。ティッシュで包むという対応は避けて下さい。スポーツ用のマウスガードもありますので接触が多いスポーツをされる場合は今後のためにもご検討下さい。

矯正治療を他院で行っています。矯正専門の歯科ではないため心配です。

最近ではこのようなお問い合せが増えています。お子様に合った矯正治療か?現在の状態はどのようになっているのか?など当院は矯正歯科治療を専門に行う専門医師がセカンドオピニオンとして現在の治療内容について専門の視点からお応えしています。不安な点があればお電話でご予約下さい。

子供の歯が黄色いような気がします。ホワイトニングはできますか?

原則として成人(おおむね18歳以上)が対象となっています。正しいブラッシングの仕方やクリーニングで改善されることもあります。歯の着色には様々な要因が考えられますのでお子様の歯が何によって黄色く見えるのか?を正しく見つけ対処していきましょう。
お電話でのお問い合わせはこちら Tel 0565-29-5310 Free 0120-2418-47 つよいはよいな 予約優先制 診療時間 平日・祝日 9:00~19:30 土曜日 9:00~17:00 休診日 日曜日・正月・ GW・お盆休み