HOME > 総入れ歯・部分入れ歯

総入れ歯・部分入れ歯

保険適用の入れ歯

保険適用の入れ歯のイメージ
歯を全て無くしてしまった方へ。 保険適用なので費用面でも安心下さい。

入れ歯が合わないと「歯茎とぶつかって痛い」「硬いものを食べにくい」硬いものを食べるには入れ歯安定剤が必要」などさまざまな問題があります。
また、入れ歯は毎日のメンテナンスが必要です。人工のものですが、自分の歯と同じように洗浄したりすることも必要です。
そのためのランニングコストもかかってしまうので、お手入れの部分も費用の一部として考えることも大切です。

保険適用の入れ歯の種類と費用

入れ歯の種類と費用のイメージ
種類 総入れ歯(保険)
料金 【型を取る時】
1,500円〜2,000円前後

【完成する時】
10,000円前後

患者様によって変わりますので
ご相談下さい。
入れ歯の種類と費用のイメージ
種類 部分入れ歯(保険)
料金 【型を取る時】
1,500円〜2,000円前後

【完成する時】
5,000円〜9,000円前後

患者様によって変わりますので
ご相談下さい。

自費の入れ歯・部分入れ歯のご料金

入れ歯の種類特徴ご料金
B P Sデンチャー
(総入れ歯)

BPSデンチャー総入れ歯
今までにない吸着する入れ歯!
「たくわん」もポリポリ食べれるようにと開発された総入れ歯。
※現在は他院に紹介させていただいております。
金属床義歯
(総入れ歯)
金属床義歯(総入れ歯)
普通の入れ歯と比べ薄く異物感が少ない。
金属であるため熱が伝わりやすい総入れ歯です。
285,000円
バルブラスト
(部分入れ歯)
バルブラスト(部分入れ歯)
バネに金属を使わないので入れ歯だと気づかれない部分入れ歯。
お出かけ用にも最適。
毎日使うなら半年から一年位で作りかえが目安。
柔らかくて軽い入れ歯です。
80,000円
金属床義歯
(部分入れ歯)
金属床義歯(部分入れ歯)
普通の入れ歯と比べ薄く異物感が少ない金属であるため熱が伝わりやすい。227,000円
※別途消費税がかかります。

入れ歯のメリットとデメリット

メリット
  • 保険が適用されるので費用を抑えられる
デメリット
  • 合わない場合に他の箇所への影響が出る
  • 安定剤が必要
  • 患者さんご自身で洗浄やメンテナンスが必要
金属が気になる方は  ノンクラスプデンチャー

入れ歯のメンテナンス

入れ歯のメンテナンスのイメージ

毎日のお手入れでも取りきれない汚れや目に見えない汚れがあります。
特に床の裏側(粘膜にあたる部分)とバネの裏側(歯に当たる部分)には食べカスや歯垢が付着しています。きれいな口内環境で、ご自身にぴったり合うきれいな入れ歯をはめている事は、残った歯を長持ちさせる事にもつながります。入れ歯が当たって痛むような場合は、決して我慢せずに、すぐにご相談下さい。

お電話でのお問い合わせはこちら Tel 0565-29-5310 Free 0120-2418-47 つよいはよいな 予約優先制 診療時間 平日・祝日 9:00~19:30 土曜日 9:00~17:00 休診日 日曜日・正月・ GW・お盆休み