HOME > 医療費控除

医療費控除

医療費控除とは?

医療費控除の対象になるもの

「医療費控除」というのは、前年度の1年間に皆さんが治療をするためにお支払いした医療費が10万円以上だった場合(所得が200万円未満の場合)医療費の合計が1年間の所得の5%を超えていることに適用される制度で、医療費が軽減されますので、高額な治療費に関する負担額も多少ですが減ります。
歯列矯正にかかった費用は、高額医療となり医療費控除の対象になるので確定申告届けを出すことで治療費が戻ってきます。
通常翌年の2月16日~3月15日までに、管轄の区役所・市役所・税務署へ申告を行うことになります。

※美容目的の医療には、医療費控除が使えません。ホワイトニングは対象外です。

条件 1 1年に支払った医療費が10万円を超えた場合
条件 2 所得税の納税がある場合
交通費も対象です

医療費控除の対象となるのは、治療費だけではありません。治療を行なうために必要となった費用のすべてが対象です。
つまり歯科へ行く際の電車賃・バス代などの交通費も医療費控除の対象額に含まれます。また矯正治療中に使用した歯ブラシやケアグッズも対象です。

領収書を保管してください

医療費控除を受ける際には、治療費の領収書を始め交通費等治療をするためにかかった費用の領収書が必要となりますので保管をしてください。

医療費控除で対象となる金額 医療費の 合計額-保険金などで 補てんされる金額-10万円=医療費控除額

医療費控除の為に必要な書類

源泉徴収票の原本 医療費の領収書の原本 医療費の控除となるものの領収書 医療費を補填する保険等の給付金額がわかる書類 医療費控除の内訳書 還付金の振込みに使う本人名義の銀行の口座番号 ご印鑑(認印でも可能)

パッと見ると、何やらややこしそうですが、基本的には医療費の領収証さえあれば、それほど難しくはありません。

お電話でのお問い合わせはこちら Tel 0565-29-5310 Free 0120-2418-47 つよいはよいな 予約優先制 診療時間 平日・祝日 9:00~19:30 土曜日 9:00~17:00 休診日 日曜日・正月・ GW・お盆休み