HOME > 矯正歯科 > 小児矯正

小児矯正

歯並びの状態やお子様の環境も一緒に考慮しましょう

インプラントのメンテナンスのイメージ

子供の矯正治療は乳歯から永久歯に生え換わる時期でもあるので、それをふまえた上で、矯正治療を行うことが大切です。無理に強い力をかけて歯並びを良くするのではなく、顎の成長をコントロールすることで、適正な歯並びに整えていきます。
不正咬合の原因については患者さん自身の個体の持つ素質であることが多いですが、耳鼻疾患、指吸い等の習癖など、外的・後天的要因が原因となる場合もあり、矯正治療の是非、方法、期間などしっかりと相談した上で決めることが大切です。

矯正治療は治療期間も年単位と長い間のおつきあいとなりますので、治療に対する患者さんご本人とご家族の協力が必要です。歯科矯正治療について不安なことやわからないことなどさまざまあると思いますが、まずは一度お気軽にご相談ください。

小児矯正の時期とポイント 

歯科矯正治療には、治療時期によってI期治療とII期治療と大きく2つに分けることができます。


○I期治療(乳歯列期、混合歯列期)・・・幼時期・小学生
この時期の矯正治療は、乳歯が正しく生えるように誘導したり、後々の永久歯の歯並びを予測し、顎や歯の成長・萌出をコントロールしたり、乳歯が早く抜けてしまった場合のスペースの確保などを行います。
I期治療は必要な場合と、必要でない場合があります。個人差がありますのでまずは状態を確認させてください。
混合歯列期にも目立たない矯正装置で歯並びを改善することができます。



○II期治療(永久歯列期)・・・小学生高学年・中学・高校生・成人
すべて乳歯が脱落して永久歯に生え替わったら、本格的に歯並びを治す歯科矯正治療の開始時期です。
いわゆるマルチブラケット装置といわれる装置を歯一つ一つにくっつけて、それにワイヤーを通すことにより骨の中に埋まっている歯の根っこを動かし、歯並びをつくっていきます。その他にも目立たない矯正や舌側矯正など目立たない治療方法も可能です。

 

I期治療からⅡ期治療をした例


I期治療にて、上顎の成長促進、下顎の成長抑制を行った後、II期治療にて、上下の歯を配列。
お電話でのお問い合わせはこちら Tel 0565-29-5310 Free 0120-2418-47 つよいはよいな 予約優先制 診療時間 平日・祝日 9:00~19:30 土曜日 9:00~17:00 休診日 日曜日・正月・ GW・お盆休み