歯が抜けた場合の4つの治療方法

歯が抜けたまま方って置くとどうなるか、ご存知ですか?

インプラント治療医紹介のイメージ 1本くらい大丈夫…    将来のお口の環境が大きく変わってきます
周りの歯が補おうと余分な力かかります。

歯が抜けたままで放置しますと、まず近くである両隣の歯が歯の無いところに歯が倒れてきます。
今まで存在していた歯が無くなることで、少なからず周りの歯の状態が不安定になります。
満員電車で誰かが急にいなくなったときに倒れそうになったことはありませんか? こんな感覚です。
また同時に噛み合わせの反対の歯が飛び出してきてしまいます。そのため、歯の隙間が広がり、噛む力が弱まるばかりか、食べ物が詰まりやすくなります。

虫歯や歯周病、顎関節症の原因につながることが多くなります。

虫歯や歯周病、顎関節症など変化は少しずつ見えないところで変化をしていくので、ご本人には気付きにくいことが多いです。
実際に患者様ご自身が痛みを感じ、ご来院頂く時にはかなり重症になっている場合が多いです。重症化する前の予防がとても重要です。

予防できる治療費と発症後の治療費は全然違う

例えば、歯周病によって歯が抜けてしまった場合、適切な治療を早く開始していれば噛み合わせが大幅に変わってしまう前に歯を入れる治療が出来ます。しかし、歯を放置したままでいますと噛み合わせが変わってしまいその他の歯にも影響を及ぼします。そうすると、まずは抜けた歯を治療し、次にずれた噛み合わせを治療し、さらには影響を受けた歯も治療しなければなりません。また治療が遅くなってしまって、最終的には治療方法も限られてしまう事もあります。つまり治療費も時間もかかってしまうのです。繰り返しになりますが、早めの適切な治療を行うことがとても重要なのです。

あなたに合った治療方法は?

歯が抜けた場合の治療方法 まずはあなたに合う治療方法を探しましょう

お電話でのお問い合わせはこちら Tel 0565-29-5310 Free 0120-2418-47 つよいはよいな 予約優先制 診療時間 平日・祝日 9:00~19:30 土曜日 9:00~17:00 休診日 日曜日・正月・ GW・お盆休み